2017/11/08 更新

写真a

ナカムラ クニノリ
中村 國則
Kuninori Nakamura
所属
社会イノベーション学部 心理社会学科 教授

学位

  • 博士(文学) ( 2004年3月   早稲田大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 実験心理学

最終学歴

  • 早稲田大学   Graduate School, Division of Letters  

    1999年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

主な担当科目

  • 認知心理学

  • 意思決定論

 

論文

  • A closer look at moral dilemmas: latent dimensions of morality and the difference between the trolley and footbridge dilemmas. 査読

    Nakamura, K.

    Thinking and Reasoning   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13546783.2013.768551

  • 確率加重関数の理論的展開 招待 査読

    中村國則

    心理学評論   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Value of a friend, a friend of your friend, and a friend of the friend of your friend:Social discounting in n degrees of separation 査読

    Nakamura, K.

    Proceedings of the Thirty-fifth Annual Conference of the Cognitive Science Society   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • The Footbridge Dilemma Reflects More Utilitarian Thinking Than The Trolley Dilemma: Effect Of Number Of Victims In Moral Dilemmas. 査読

    Nakamura, K.

    Proceedings of the Thirty-fourth Annual Conference of the Cognitive Science Society   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • A Text Corpus Analysis Approach to the Conjunction Fallacy. 査読

    Wajima, Y., Nakamura, K., Terai, A., Nakagawa, M., & Yamagishi, K.

    Proceedings of the Thirty-third Annual Conference of the Cognitive Science Society   1527 - 1532   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • A closer look at moral dilemmas: latent structure of morality and the difference between the trolley and footbridge dilemmas. 招待 査読

    Nakamura, K.

    Proceedings of the Thirty-third Annual Conference of the Cognitive Science Society   1084 - 1089   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 項目反応理論を用いた4枚カード問題の分析 査読

    中村國則

    心理学研究   80   436 - 441   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Similarities and individual differences in the Wason selection task: an item response theory analysis. 査読

    Nakamura, K.

    Proceedings of the Thirty-first Annual Conference of the Cognitive Science Society   2771 - 2776   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • How strong is the comparison-to-the-strongest? Empirical Test of the Comparison-to-the-strongest Heuristic in Probability Judgment. 査読

    Nakamura. K., Yamagishi, K.

    Japanese Psychological Research   51   96 - 102   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A multidimensional scaling approach to verbal probability phrases. 査読

    Nakamura, K., Ohkubo, T., & Mayekawa, S

    New trends in psychometrics   329 - 338   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • "十分にありえる"方が"見込みがない"より意味があるか?:言語確率の情報量の定量的分析とその情報理論的解釈. 査読

    中村國則

    認知科学   15   174 - 187   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Why is "Quite Certain" More Informative than "Slight Possibility"? Information Theoretic Analysis of the Informativeness of Probability Statements. 査読

    Nakamura, K.

    Proceedings of the Twenty-ninth Annual Conference of the Cognitive Science Society   521 - 526   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • A Bayesian view of the alternative outcomes effect. 査読

    Nakamura, K., & Yamagishi, K.

    Proceedings of the Fifth International Conference of the Cognitive Science   165 - 166   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Which Is More Probable-"25% + 25%" or "40% + 10%"? : Effect of the Distribution of Focal Outcomes on Gut-level Perception of Certainty. 査読

    Nakamura, K., & Yamagishi, K.

    Proceedings of the Twenty-Eighth Annual Conference of the Cognitive Science Society   604 - 609   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 高速倹約ヒュ-リスティクをめぐる実証的・概念的議論の動向 査読

    中村國則

    心理学評論   47   253 - 277   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The alternative explanation to the alternative-outcome effect and the detection of focal outcome effect. 査読

    Nakamura, K.

    Japanese Psychological Research   46   44 - 55   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Do verbal and musical memory affect the proficiency of L2 speaking?: Evidence from Japanese adult learner of English. 査読

    Tanaka, A., & Nakamura, K.

    Studies in Language Science   3   185 - 195   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Auditory memory ability affects the proficiency of second language speaking: Latent variable analysis approach. 査読

    Tanaka, A., & Nakamura, K.

    Psychological Report   95   723 - 734   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 属性の反映から見た数値評価と言語評価の相違 査読

    中村國則

    心理学研究   74   19 - 26   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 代替事象のランダムさを考慮した主観確率の記述モデル 査読

    中村國則

    認知科学   10   160 - 173   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 評定に対する評定方法の相違の影響と処理プロセスとの関連 査読

    中村國則

    実験社会心理学研究   42   12 - 22   2002年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 認知心理学ワークショップ

    西本武彦,林静夫( 担当: 編集)

    早稲田大学出版会  2000年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書