教員基本事項

写真a

新井 学

アライ マナブ

Manabu Arai


所属

経済学部

職名

准教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(心理学),University of Dundee(英国),2006年03月

  • 修士(理論・応用言語学),University of Edinburgh(英国),2002年12月

  • 学士(文学),早稲田大学,2001年03月

最終学歴 【 表示 / 非表示

  • University of Dundee(英国)大学院  心理学研究科  心理学専攻

    博士課程,2006年03月,修了,グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

専門分野 【 表示 / 非表示

  • 心理学

  • 心理言語学

  • 第二言語習得

 

主な担当科目 【 表示 / 非表示

  • 英語

  • 心理学

  • 外国文化

 

主な論文 【 表示 / 非表示

  • Persistence of initial misanalysis with no referential ambiguity,Cognitive Science,2015年07月,Nakamura, C., & Arai, M.

    学術雑誌,共著

  • Predicting the unbeaten path through syntactic priming,Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition,41号 ( 482 ~ 500頁 ) ,2015年03月,Arai, M., Nakamura, C., & Mazuka R.

    学術雑誌,共著

  • The interpretation of phrase-medial prosodic prominence in Japanese: Is it sensitive to visual and discourse context?,Language, Cognition and Neuroscience,30号 ( 167 ~ 196頁 ) ,2015年02月,Ito, K., Arai, M., & Hirose, Y.

    DOI:10.1080/01690965.2013.864778,学術雑誌,共著

  • Shared structural representations for short and full passives in Japanese children and adults,Proceedings of FAJL (Formal Approaches to Japanese Linguistics) 7. MITWPL.,2014年12月,Ishikawa, M., Arai, M., & Hirose, Y.

    国際会議proceedings,共著

  • Tuning accessibility of referring expressions in situated dialogue,Language, Cognition and Neuroscience,29号 ( 928 ~ 949頁 ) ,2014年,Bard, E. G., Hill, R., Foster, M. E., & Arai, M.

    学術雑誌,共著

全件表示 >>