2017/11/08 更新

写真a

マキノ ケイコ
牧野 圭子
Keiko Makino
所属
文芸学部 マスコミュニケーション学科 教授
文芸学部 マスコミュニケーション学科 主任

学位

  • 博士(経済学) ( 2002年11月   京都大学 )

研究分野

  • その他 / その他  / 消費者行動研究

最終学歴

  • 京都大学   Graduate School, Division of Letters  

    1992年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

主な担当科目

  • 広告心理学

 

論文

  • 最近の消費者心理と行動─不況時代の贅沢志向

    堀内 圭子

    TRI-VIEW(東急総合研究所)   17 ( 4 )   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 快楽消費と広告

    堀内 圭子

    日経広告手帖   ( 6月 )   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 現代社会における『快楽消費』の意義と役割

    堀内 圭子

    SRI(セゾン総合研究所 生活起点)   ( 53 )   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 消費者の視点からとらえたマーケティング・コミュニケーションの影響過程

    牧野 圭子

    日経広告研究所報   ( 200 )   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • マーケティング・コミュニケーションにおけるギルト訴求─先行研究の問題と今後の課題─

    牧野 圭子

    日経広告研究所報   ( 183 )   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 『個々の消費者が認識する商品価値』の概念に関する論考─経済学理論を導入して─

    牧野 圭子

    成城大学大学院文学研究科『コミュニケーション紀要』第12輯   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 商品快楽価値の規定因と尺度に関する研究枠組の提案

    牧野 圭子

    産業・組織心理学研究   11 ( 2 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 快楽の質─哲学および経済思想における快楽論の消費者行動研究への応用─

    牧野 圭子

    成城文藝   ( 164 )   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 『快楽消費』の追究

    堀内圭子( 担当: 単著)

    白桃書房  2001年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    消費者行動研究における従来の「快楽消費」概念を整理し、問題点を指摘したうえで、新たな「快楽消費」概念を掲げた。従来の研究では快楽を遊びや芸術鑑賞によって得られる楽しみ等を指していたが、本書では、快の感情経験全般を快楽ととらえた。そして、消費者の欲求、経験、価値認識の観点から、快楽消費に関する諸問題を検討した。