教員基本事項

写真a

北山 研二

キタヤマ ケンジ

Kenji Kitayama


所属

文芸学部 ヨーロッパ文化学科

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(言語学),東京外国語大学,1979年03月

  • 修士(文学),パリ第三大学,1978年11月

最終学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京外国語大学  外国語学研究科  ロマンス系言語専攻

    修士課程,1979年03月,修了,日本国

専門分野 【 表示 / 非表示

  • フランス文学

  • 現代美学

  • フランス語教育

 

主な担当科目 【 表示 / 非表示

  • 広域芸術論演習

  • 広域芸術論特殊研究A/B

  • 広域芸術論研究A/B

  • ゼミナール

  • 仏語科教育法

全件表示 >>

 

主な著書 【 表示 / 非表示

  • L'art, excès & frontières,L'Harmattan,2014年10月,Kenji Kitayama

    単行本(学術書),単著,美学・芸術諸学,芸術一般,美術史

  • 『パリという首都風景の誕生 —フランス大革命から世界大恐慌まで—』,上智大学出版会,2014年05月,澤田肇、北山研二、南明日香

    単行本(学術書),共著,ヨーロッパ文学,史学一般,地域研究

  • 『文学のグローカル研究』,白百合女子大学言語・文学研究センター,2014年03月,荒木正純, 北山研二, 鷲谷花, 鶴見良次, 江藤秀一, 吉原ゆかり

    単行本(学術書),共著,美学・芸術諸学,ヨーロッパ文学,文化人類学・民俗学

全件表示 >>

主な論文 【 表示 / 非表示

  • 新しい知覚概念・新しい対象着想法としてのアンフラマンスとは,『ヨーロッパ文化研究』,33巻 ( 115 ~ 186頁 ) ,2014年03月,北山研二

    大学紀要,単著,美学・芸術諸学

  • 映画と文学におけるグローカル研究——ベケットをめぐって,文学のグローカル研究,13巻 ( 9 ~ 27頁 ) ,2014年03月,北山研二

    学術雑誌,単著,ヨーロッパ文学,芸術一般

  • オリエンタリスムはグローカル現象なのか(その1),SEIJO CGS WORKING PAPER SERIES NO.8 「文化表象のグローカル研究」(北山研二編),8号 ( 3 ~ 23頁 ) ,2013年03月,北山研二

    大学紀要,単著,思想史

  • L’art en excès,成城大学文学研究科『ヨーロッパ文化研究』第32集 ( 3 ~ 34頁 ) ,2013年03月,北山研二

    大学紀要,単著,美学・芸術諸学

  • 風景の虚構化または虚構の風景化---自然風景画と都市風景画について,成城大学文学研究科『ヨーロッパ文化研究』第31集 ( 98 ~ 134頁 ) ,2012年03月,北山研二

    大学紀要,単著,美学・芸術諸学

全件表示 >>