2017/11/08 更新

写真a

アイザワ マサヒコ
相澤 正彦
Masahiko Aizawa
所属
文芸学部 芸術学科 教授
共通教育研究センター センター長

学位

  • 修士(文学) ( 1979年3月   早稲田大学 )

研究分野

  • その他 / その他  / 日本美術史

最終学歴

  • 早稲田大学   Graduate School, Division of Letters  

    1979年4月 - 1982年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

主な担当科目

  • 日本美術史演習1,美術史入門,美術史一般講義1,日本美術史ゼミナール,日本美術史研究2

 

論文

  • 絵入本「かるかや」-その素朴美の源泉をめぐって

    相澤正彦

    聚美   ( 9 )   30 - 43   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 土佐光吉再評価 

    相澤正彦

    源氏絵と伊勢絵   14 - 21   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    桃山時代のやまと絵師土佐光吉の事績の再評価。

  • 古画備考所載土佐家伝についての覚書

    相澤正彦

    『原本『古画備考』のネットワーク』   191 - 212   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    江戸時代の画論書『古画備考』所載の土佐家に関する記載について、資料的批判を加えた論考。

  • 窪田統泰と桂林寺涅槃図

    相澤正彦

    成城大学美学美術史論集   ( 20 )   73 - 91   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    室町時代16世紀前半の著名な絵師、窪田統泰の数少ない遺作である西舞鶴の桂林寺涅槃図について、裏書きから窪田の作であるか否か再考を試みた論考。

  • 竹生島祭礼図と狩野派 招待

    相澤正彦

    『百橋先生退官記念献呈論文集 日本美術歴参』   41 - 57   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

     従来から知られていた「竹生島参詣図」(東京国立博物館蔵)について、これまで不明であった作者について、狩野派絵師であることを提示した論考。

  • 石山寺縁起絵巻の五百年  

    相澤正彦

     『石山寺縁起絵巻の全貌』   126 - 135   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    五百年間にわたって連綿と制作された石山寺縁起絵巻全7巻について、各巻それぞれの成立背景と作者を推定した論考。

  • 室町将軍家コレクションにおける伝承像としての再生産

    相澤正彦

    成城大学グローカル研究叢書   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    中国の宮廷絵画が、日本の絵画のみならず文化形成にいかに大きな影響を及ぼしたかを、その直接の契機となった室町将軍家コレクションに注目し、東アジアの中央と地方という視点から、相互の関係を追及した論考。

  • 土佐光吉時代の土佐派

    相澤正彦

    『日本の美術 土佐光吉と近世絵画の系譜』   84 - 93   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    伝統的な宮廷絵師の家系であった土佐派について、その末期といえる桃山期の土佐光茂から土佐光吉へという師弟間の継承関係について、従来説とは異なる様々な軋轢が存在したことを指摘した論考。

  • 土佐光吉時代の土佐派『日本の美術 土佐光吉と近世絵画の系譜』

    相澤正彦

    『日本の美術 土佐光吉と近世絵画の系譜』   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    伝統的な宮廷絵師の家系であった土佐派について、その末期といえる桃山期の土佐光茂から土佐光吉へという師弟間の継承関係について、従来説とは異なる様々な軋轢が存在したことを指摘した論考。

  • 二つの水亭書斎図

    相澤正彦

    アジア遊学    ( 120 )   168 - 173   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    室町時代水墨画の代表作である国宝「渓山小築図」(南禅寺)について、同じ図柄の作例が、近世の鄭遂栄という文人画家の作例として韓国京畿道博物館に所蔵されていることを指摘し、その彼我の関連における大きな謎について推考を加えた論考。

  • 北野天神縁起シンポジウム報告 招待

    相澤正彦

    松崎天満宮   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    松崎天神縁起絵巻について、これを制作した絵師と法然上人絵伝四十八巻伝を制作した工房が同じことを指摘し、それから判明する制作年代をなどを指摘した論考。

  • 室町時代の二つの九相詩図巻

    相澤正彦

    『九相図像集成』   212 - 224   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    九相詩絵巻について、希少な異例である室町時代にさかのぼる2本の絵巻を取り上げ、九相詩絵巻が中世の宗教文化を考察する上で、これまで以上に重要なジャンルであることを指摘した論考。

▼全件表示

書籍等出版物

  • 土佐光信

    相澤 正彦( 担当: 単著)

    新潮社  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書