教員基本事項

写真a

上杉 富之

ウエスギ トミユキ

Tomiyuki Uesugi


所属

文芸学部 文化史学科

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会人類学),東京都立大学,1997年03月

最終学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京都立大学  社会科学研究科  社会人類学専攻

    博士課程,1992年03月,単位取得満期退学,日本国

 

主な担当科目 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学特殊講義II

  • 成城学II

  • 文化史ゼミナール

  • 文化史演習IIIB

  • 文化史実習III

全件表示 >>

 

主な著書 【 表示 / 非表示

  • 『グローカリゼーションと越境』(グローカル研究叢書4),成城大学民俗学研究所グローカル研究センター,2011年03月,上杉富之ほか

    単行本(学術書),編著,文化人類学・民俗学

  • 『新生殖技術の実用化に伴う親子・家族・婚姻関係の再編に関する国際比較』,成城大学文芸学部・大学院文学研究科,2011年,上杉富之(編著)

    その他,編著

  • 『共振する世界の対象化に向けて―グローカル研究の理論と実践―』,成城大学民俗学研究所グローカル研究センター,2011年,上杉富之・及川祥平(編)

    その他,共編著

全件表示 >>

主な論文 【 表示 / 非表示

  • 「ポスト生殖革命時代の親子と家族―多元的親子関係と相互浸透的家族―」,『法律時報』(日本評論社),86巻 3号 ( 70 ~ 75頁 ) ,2014年03月,上杉富之

    その他,単著

  • 「一国民俗学、比較民俗学、そして世界民俗学へ―柳田國男の見果てぬ『夢』」,『現代思想』(10月臨時増刊号『総特集 柳田國男『遠野物語』以前/以後』),40巻 12号 ( 232 ~ 240頁 ) ,2012年05月,上杉富之

    その他,単著

  • 「グローカル化としての『海女文化』の創造―韓国と日本におけるユネスコ無形文化遺産登録運動―」,上杉富之(編)『グローカリゼーションと越境』(グローカル研究叢書)成城大学民俗学研究所グローカル研究センター ( 85 ~ 113頁 ) ,2011年03月,上杉富之

    その他,単著

  • 「新しい家族観の形成に向けて―『~である家族』から『~となる家族』へ」,上杉富之(編)『新生殖技術の実用化に伴う親子・家族・婚姻関係の再編に関する国際比較』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金(海外学術調査)基盤研究(B)[課題番号20401049]研究成果報告書 ( 101 ~ 113頁 ) ,2011年03月,上杉富之

    学術雑誌,単著

  • 「グローカル化の観点からみる生殖補助医療」,上杉富之(編)『新生殖技術の実用化に伴う親子・家族・婚姻関係の再編に関する国際比較』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金(海外学術調査)基盤研究(B)[課題番号20401049]研究成果報告書 ( 179 ~ 181頁 ) ,2011年03月,上杉富之

    その他,単著

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 贈与交換の民族誌-ボルネオ・ムルット社会の親族と祭宴関係のネットワーク,1997年02月,上杉富之

    その他,単著