教員基本事項

写真a

中田 真佐男

ナカタ マサオ

Masao Nakata


所属

経済学部 経済学科

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学),慶應義塾大学,2007年03月

最終学歴 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  経済学研究科  経済学専攻

    博士課程,2007年03月,修了,日本国

専門分野 【 表示 / 非表示

  • 金融論

 

主な担当科目 【 表示 / 非表示

  • <学部>金融論I・II,マクロ経済学入門・演習

  • <博士課程前期>金融論研究A,金融論研究B,金融論演習

  • <博士課程後期>金融論特殊研究A,金融論特殊研究B,金融論演習

 

主な著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎から学ぶ 動学マクロ経済学に必要な数学,日本評論社,2011年12月,中田 真佐男

    教科書,単著,理論経済学

  • 英語で学ぶ日本経済,有斐閣,2010年01月,吉野 直行, マイケル ラクトリン , 中馬 宏之, 麻生 良文, 中東 雅樹, 中田 真佐男

    教科書,第3章“Financial Intermediation in Japan”(日本の金融システム)を英文・日本文ともに担当,共著,経済政策

主な論文 【 表示 / 非表示

  • 我が国における小額決済手段のイノベーションの現状と課題,社会イノベーション研究,12巻 1号 ( 323 ~ 352頁 ) ,2017年,中田 真佐男

    学術雑誌,単著

  • 消費者の決済手段選択行動――個票調査による実証分析,吉野直行・ 亀田啓悟・中東雅樹・中田真佐男編著、『日本経済の課題と針路 経 済政策の理論・実証分析』(慶應義塾大学出版会)、第14章 ( 271 ~ 292頁 ) ,2015年,中田 真佐男

    その他,単著

  • 新しい決済手段はどのように普及していくのか? -取引費用からの アプローチ-,成城大学 経済研究,270号 ( 33 ~ 63頁 ) ,2015年,中田 真佐男

    大学紀要,単著

  • 電子マネー決済の現状と課題,金融ジャーナル,54巻 6号 ( 80 ~ 83頁 ) ,2013年,中田 真佐男

    その他,単著

  • 消費者による小額決済手段選択の現状:アンケート調査を用いた分析,成城大学経済研究所報告,59号 ,2012年,中田 真佐男

    その他,単著,金融・ファイナンス,経済政策

全件表示 >>