教員基本事項

写真a

中村 理香

ナカムラ リカ

Rika Nakamura


所属

経済学部

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D.,米国ニュージャージー州立ラトガース大学,2009年01月

最終学歴 【 表示 / 非表示

  • 米国ニュージャージー州立ラトガース大学大学院  英語文学学科

    博士課程,2009年01月,修了,アメリカ合衆国

専門分野 【 表示 / 非表示

  • 北米マイノリティ文学と文化

 

主な担当科目 【 表示 / 非表示

  • <学部>英語,外国文化I

 

主な著書 【 表示 / 非表示

  • アジア系アメリカと戦争記憶――原爆・「慰安婦」・強制収容,青弓社,1017年03月,中村理香

    単行本(学術書),単著

  • Trans-Pacific Japanese American Studies: Conversation on Race and Racialization.,Honolulu: University of Hawai‘i Press,2016年11月,Rika Nakamura

    単行本(学術書),“Reorienting Asian American Studies in Asia and the Pacific.”,共著

  • 損傷を「言葉」にすること――『おばさん』における運動言説(アクティヴィズム)と外傷(トラウマ)言語,金星堂,2014年03月,中村理香

    単行本(学術書),単著,英米・英語圏文学

全件表示 >>

主な論文 【 表示 / 非表示

  • ジョイ・コガワ『おばさん』における先住民へのまなざしと「入植者市民権」という両義性,『多民族研究』(他民族研究学会誌),8号 ( 68 ~ 82頁 ) ,2015年,中村理香

    学術雑誌,単著

  • 日本と/におけるアジア系アメリカ研究と多文化共生のディスコース――2つの事例から,『グローカル研究報告書』,2013年,Rika Nakamura

    大学紀要,単著

  • What Asian American Studies Can Learn from Asia?: Towards a Project of Comparative Minority Studies, Inter-Asia Cultural Studies,13巻 2号 ( 251 ~ 266頁 ) ,2012年,Rika Nakamura

    その他,単著

  • “‘Allied Masculinities’ and the Absent Presences of the Other: Recuperation of Japanese Soldiers in the Age of American Wars in Iraq and Afghanistan—An Analysis of Flags of Our Fathers and Letters from Iwo Jima.” ,Eds. Paul Gordon Schalow and Janet A. Walker. PAJLS Proceedings of the Association for Japanese Literary Studies. ,Vol. 11巻 Sum. 号 ( 206 ~ 220頁 ) ,2010年,Rika Nakamura

    国際会議proceedings,単著

  • Traveling through Literatures: ‘Internationalizing’ and Postcolonializing Asian American Literature and Studies—Reading Karen Tei Yamashita’s Works,AALA Journal,15号 ( 22 ~ 39頁 ) ,2009年,Rika Nakamura

    学術雑誌,単著

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 2. Attending the Languages of the Other: Recuperating “Asia,” Abject, Other in Asian North American Literature. ,2009年01月,Rika Nakamura

    その他,単著